【群馬】群馬サファリパーク

マレーバク

群馬サファリパーク

北関東で人気のあるサファリパークです。自由気ままな生活をする動物たちを見ることができます。
普段は触れ合えないような動物が車の真横に来てくれるので驚きと喜びの両方を体験できるでしょう。

・チケット
入園料金が大人(高校生以上)2,700円。小人(3歳~中学生)が1,400円となっています。
車で動物ゾーンへ入園する場合は、1台につきガイドラジオ料金が別途必要です。ガイドラジオは動物説明と緊急時の避難誘導が行われます。
入園と宿泊のお得なパックを実施している宿泊施設もあるので、旅行で利用するといいでしょう。

動物について

群馬サファリパークでは8つのゾーンに分かれており、さまざまな動物を見ることができます。

・アフリカゾーン
キリンやシマウマ、サイなどのアフリカにすむ草食動物を展示しています。

・日本ゾーン
ツキノワグマやニホンザル、ニホンジカを展示するエリアです。

・ウォーキングサファリゾーン
車から降りて見学できるゾーンで、ラマにエサをあげられます。
アムールヒョウやホワイトタイガー、チーターなどネコ科の動物が間近で見られます。

・アジアゾーン
ヒトコブラクダやスマトラゾウ、マレーバクが見られます。

・アメリカゾーン
北アメリカにすむ大型の鹿ワピチと滝が流れるエリアでアメリカバイソンが見られます。

・トラ・ライオンゾーン
ベンガルトラやホワイトタイガー、ライオンが生活する様子が観察できます。

・バードパーク
フラミンゴやキパタンなどの鳥類と、レッサーパンダ―、カピバラを観察できます。
毎日開催されるもぐもぐタイムでは、担当飼育係がエサを与えながら、動物たちの生態について解説。
鳥たちとバードトレーナーのフライングショーでは鳥の習性を楽しく学べます。

・リトルファーム
ポニーの乗馬もできる小さな動物ゾーンです。
世界最小の馬ミニチュアホース、トカラヤギを観察できます。ミニチュアホースは人工的に作られた馬で大型件程度の大きさしかありません。

さまざまなツアーについて

群馬サファリパークではアフリカゾーン、アメリカゾーンなど7つのエリアで構成された園内をマイカーやバスで一周することができます。
ツアーバスやエサやり可能なエリアは現地予約制なので、早めの訪問をおすすめします。

・飼育体験バス
飼育担当者の解説付きで、エサやり体験ができます。
ホワイトタイガーやゾウなど直接近くでエサをあげられるので、子どもたちも大満足間違いなしです。

・ナイトサファリツアー
4~5月、7~8月の間、夜のサファリパークを冒険できます。
暗闇に光る動物の瞳に、夜になると活発になる夜行性の動物を見ることができます。
昼までは見られない動物に出会えるでしょう。