【茨城】国営ひたち海浜公園

海浜公園

四季の花を楽しめる国営ひたち海浜公園

「国営ひたち海浜公園」は、常磐自動車道の友部JCTから東水戸道路に向かった終点にある公園です。
海浜公園ではありますが公園のメインとなっているのは花のテーマパークで、四季いつ訪れてもその季節の美しい花々を見ることができるというところが特徴となっています。

公演の敷地面積は約200haと非常に広く作られており、それぞれのエリアによって植えられている花が異なります。
特に大人気なのが春先に咲くネモフィラで、まるでじゅうたんのように一面に敷き詰められた青紫の花々はちょっとした非現実感もあります。

夏になるとバラやひまわり、秋にはコスモスやコキアといった花に入れ替わり違った表情を見せてくれるので時々ふらりと訪れるドライブスポットにするということもすすめられます。

中でも注目なのが夏場にネモフィラ、秋にはコキアに植え変わるという「みはらしの丘」というところで、青いネモフィラが真っ赤なコキアに変化するという様子もまた楽しみになります。

広い敷地内ではサイクリングコースが整備されており、自分で持ち込んだ自転車はもちろんレンタサイクルで内部を見て回ることができます。
子供と一緒に運動がてら休日を過ごすならこのひたち海浜公園はまさに最適の場所です。

定期的に開催されるイベントにも注目

ひたち海浜公園では広大な敷地を生かして数多くのイベントが開催されています。
人気のものとしては毎年11月23日ころを挟んだ週末に開催される「茨城バラまつり」で、園内を数多くのバラが飾る中同時開催の「COOK in JAPAN」で食の祭典を楽しめます。

「COOK in JAPAN」では公演西口近くに全国からケータリングカーが集まり、それぞれのご当地グルメをふるまいます。
こちらはすでに恒例行事として定着しつつあり、年々参加するブースも増えてきています。

園内では「味比べチケット」というお得な回数券も販売されるので、普段はなかなか見つけることができない食べ物を思う存分楽しむことができます。
各店舗の情報は公式サイトおよびFacebookのページで確認をすることができるので、訪れる時期が重なったときにはぜひともチェックをしてもらいたいです。